300人切りナンパ師が挑む、メンズエステの実態! 前編

前編:浅き夢みしキミと ←今回

中編:春風と共に

後編:


 

 

I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.
失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられない。

– マイケルジョーダン

 

 

「あの・・・・真由ちゃんでお願いできないでしょうか。」

 

 

 

そう店員に伝え、そっと電話を切る。

 

 

 

部屋の中の静寂に「真由」という単語が反射して

 

 

 

しんしんと降り続く雪が、僕の不安を映し出しているようだった。

 

 

 

————–

 

 

2月、某日。

 

 

東京へ向かう新幹線。いつもの窓側の席に座りながらコーヒーを飲む。

 

 

朝早く出てきたおかげで、隣の席は空いている。ラッキーだ。広く使える。

 

新幹線の窓から見える景色は、極寒の東北を物語っていた。

 

どうやら関東地方を中心に、記録的な寒波がきているらしい。

 

暑くなったり寒くなったり。

 

 

神様は気分屋だな。メンヘラだから押せば即れるんじゃないか。

 

 

そんな事を想いながら、タブレットでニュースを眺める。

 

小学四年生の児童が虐待されて死亡

東京・台東区でタイ人女性が医科大生の手によって殺害

茨城で女子大生が金銭授受に巻き込まれ死亡

 

・・・やれやれ、ろくなニュースが無いな。

 

僕たちが東北の極寒の地で「ナンパ」というクレイジーなゲームをやっているうちに、どうやら日本はもっとクレイジーなゲームでも始めたらしい。

 

詳細を確認する気が全く起きないニュースを、スロットのようにクルクルとスクロールさせる。

 

・・・・どれも読む気になれないなぁ

 

そう思い文庫本に切り替えようとした時

 

光る文字盤の片隅に、興味を惹かれる文字を見つけた。

 

 

新井容疑者、出張マッサージで乱暴。損害賠償5億円以上か?

 

 

思わず吹き出しそうになってしまう。

 

性欲に負けて損害賠償5億円。

 

滑稽だ。滑稽すぎる。

 

性欲に支配された哀れ過ぎる男。

 

新井容疑者も「女性に不自由しない」を目指して、ナンパをしていればこんな事にはならなかったのに・・・・

 

どれ、この哀れな男の喜劇を見せてもらおうか。

 

そう思い、そのニュースの詳細を眺める。

 

・出張マッサージはグレーゾーン。風俗では無いらしい。

・新井容疑者は、女性従業員に強制性交をした。

・出演予定の作品が相次いで公開中止に追い込まれた。

 

思わず息をのむような、人生の転落劇だ。

 

 

一回のセックスで人生を失った。

 

 

哀れ過ぎる。

それ以上ニュースを読む気になれず、僕はカバンの中から文庫本を取り出す。

 

文庫本では、探偵を気取った主人公がマイケル・ジョーダンの格言風に語っていた。

 

 

「失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられない。」

 

 

偉そうに、何を。

 

 

卑屈にそんな事を想いながら小説を読み進めていると、ズボンのポケットに振動を覚える。

 

真由からだ。

真由は、先月都内のS駅構内で連絡先を交換した女子大生。

 

可憐なルックス、穢れを知らなさそうな瞳。

 

是非、その日一緒に過ごしたかったが「終電が」と真面目さを前面に出されてしまい、それ以上強く押す事は出来なかった。

また後日一緒にお茶しよう。

 

 

そう約束したのは一カ月前。ようやく東京に戻る事が決まった時、僕は真っ先に真由とのアポを取り付けた。

 

「いよいよ、今夜か。」

 

待ち望んだその日の到来に、久しぶりに心が躍る。

 

すると、他の女の子からもメッセージが。

「じゃあ、また今後東京で会おうね。」

 

今回の東京滞在は数日。出来る限り多くのアポを組みたかったが、仕事との兼ね合いもあり難しい。

 

とくに、この子ように社会人、かつ、同棲を開始する子の場合は….

 

その反面、真由は大学生なので時間の自由度が高い。

 

2人とも会いたかったが、仕方ないものは、仕方ない。

 

そんなやりとりをしているうちに、窓から見える景色が徐々に無機質な、東京に染まり始める。

 

 

 

 

————–

東京に到着して、先ずは美容院に向かう。

 

今日のアポの前に気分を入れ替えよう。

 

 

お願いするのは、いつもの美容師さん。

 

「あ、ども!ご無沙汰っす!」

 

「こんにちは。ご無沙汰です。」

 

「今回も東北、長かったですね!」

 

 

相変わらず威勢が良い。僕も20代前半のころはこんな元気だったか。

 

いや、そんなことはない。

 

「あれ?なんか今日嬉しそうじゃないっすか!」

 

「え?いや、そんなことは、、、」

 

知らないうちに、今日のアポへの期待が顔から出ていたらしい。

 

確かに。なんせ、今日に向けて一週間もオナ禁をしたのだ。

 

放出先を探して熟成された息子たちも、さぞ喜んでいることだろう。

 

最近彼女にフラれて出会いを探しているという美容師の方と、コリドーの話でひとしきり盛り上がる。

 

 

 

散髪が終了。

 

新しくなった見た目と共に表参道を背に、踊るような足取りで山手線に吸い込まれる。

 

日が暮れ始めていた。

 

・・・・・アポまで、まだ少しだけ時間がある。

 

本屋で時間をつぶそうかと考えたが「雪が降りそう」との予報を思い出し、早めに帰路につく事とする。

 

自宅付近に移動すると、雪が降り始めていた。

 

 

・・・・電車、止まらないと良いな。

 

若干の嫌な予感を覚えつつ、自宅へ足を運ぶ。

 

アポの時間まで、あと3時間。

 

 

 

 

 

そして、この時の僕はまだ知らなかった。

 

 

数時間後

 

 

自宅のベットで四つん這いになりながら

 

 

まるで生まれたての小鹿のように足をガクガクふるわせて

 

 

「も、、、、、、、もっと!!!!!」

 

 

と絶叫している自分の姿を。

 

中編へ、続く

タイトルとURLをコピーしました