奢る・奢らない論争から考える男女の関係性

女性とデートに行ったとき、ナンパで連れ出した時。あなたは、奢りますか?

感覚ですが、7割の男性は全奢り、2割は男性が多く払う、1割は割り勘or相手に多く出させる、かなと。

 

先にお伝えてしておくと、僕はナンパの状況下であれば100%全奢りします。

今回はその理由をお伝えしたいと思います。

 

女の子に優しい非モテという弱者

昔から男性は「女の子に優しく」と教えられてきました。その教え自体を否定する気はありません。弱い立場の者は、守られるべきです。

 

ただ、あなたが奢ろうとしているその女性は弱い立場なのでしょうか?

 

一度考えてみてください。

 

ーーーー

知り合った女性から「〇〇に行きたい」とねだられる。

給料も入ったばかり。飲み会を3回くらい我慢すれば、大丈夫。ここは男を見せよう。

いざ当日。すこし緊張の面持ちで、慣れない高級店に足を踏み入れる。

楽しい時間と、覚悟していた会計。

会計後、ホテルに誘う。「また今度」と断られてしまう。

しかし、彼女の笑顔が見られた。昔から教わっていた女の子や弱い子に優しく、を達成できた。

ーーーーー

 

さてここで問題。弱いの立場なのはどちらでしょうか。

 

もう分かりますよね。男性です。

 

汗水垂らして働いた給料を搾取され、何のためにもならない愚痴を聞かされ、そして何も得られない。あの女性は今頃別の男の家にでも行っているのでしょう。

あなたの奢った高級料理は、彼女の承認欲求を満たし、インスタのフォロワー数増加に寄与できました。良かったですね。

 

悲しいですがこれが現実です。

 

「非モテ」と呼ばれる男性の多くが、このように搾取される弱い立場の人間に成り下がっている。それも本人が気が付かないうちに。

 

では一方僕は。350人抱いたナンパ師はどうするか。

 

奢ります。非モテと一緒です。

 

しかし、そこに至るまでの思考プロセスが違う。何が、どう違うのか。

 

僕が女性におごる3つの理由

あなたが来週食事に行く約束をしている女性。

 

何の為にあなたは食事に行きますか?

 

これに答えられない人は「なんとなく」という病のような思考放棄に犯されている。

僕が女性と食事に行く目的は一つだけです。性行為をする。ただそれだけ。

 

僕にとって、口説く対象女性の99.9%は性欲処理の道具でしかありません。それ以上でもそれ以下でもない。

 

「奢ってくれてありがとう」

「楽しかった」

 

そんな言葉は必要ない。

 

夜の街頭に群がる虫の羽音と一緒。一切心に響かない、無駄な雑音と同じです。

 

大切なのは僕の性欲を満たせるか。僕の抱いた女が350から351になるか。

それだけです。

 

そんな自分は、なぜ女性に奢るのか。

もう一度冒頭に立ち返ります。目的を意識しろ。

 

「女性を抱く」という目的に辿り着く最短ルートは何か。

女性にお金を出させる事なのか。それとも奢る事なのか。

 

思考プロセスの無駄を省く

少し話が脱線しますが、決断する事はエネルギーを使います。

マークザッカーバーグ、スティーブジョブス、オバマ大統領は毎日同じ服を着る事で有名です。

 

彼らが共通して「他に決断する事が多いから、服の決断にエネルギーを使いたくない」と言います。

 

女性を口説くプロセスもこれと同じです。

 

女性のお金を出させるか、どうか…

どのタイミングで言い出そうか…

いくら払ってもらおうか…

こういった思考にエネルギーを使う。無駄じゃないですか?

こんな下らない事にエネルギーや時間を使うのであれば、ここから性行為に至るまでの道筋を思考したほうが100倍マシです。

 

返報性の原理に訴えかける

影響力の武器という、心理学の名著があります。

そこに記載されている「返報性の原理」。内容は至ってシンプル。

 

人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては申し訳ない」というような気持ちになるという心理作用です。

 

簡単ですよね。奢るという事で無理やり恩義を押し付ける事によって、その見返りとして自分の要求を等いやすくする。

 

奢ったんだからヤラせろよ。その主張を1%でも通しやすくする。それだけ。

 

もちろん、奢ってもらって当然のように考えている港区女子のような女性も居ますが、それでも0.1%は確度を上げられる。それならそれで良いのです。

 

自己肯定感を上げる

最後にこれ。女性に金出してもらっている男性ってダサくないですか?

たまにTwitter見てても「今日は女に金出させた!」みたいにイキってるやつ見ますけど、正直ダサいなと。

 

そんなダサい言動している人間、僕は好きになれない。

少なくとも、僕だったらそんな自分に誇りやプライドは持てない。(ナンパ師の時点で誇りとか無いんですけどね。)

 

別に相手に喜んで欲しいワケじゃない。ただ、自分を好きになる為の行動の一つとして奢る。それだけです。

 

最後に

僕のこの考えが万人受けする、多くの人から共感されるなんて、微塵も思っていないです。

 

ただ。一人でも多くの、無意味に搾取されている男性に届いてほしい。僕も搾取されていたから。

 

あなたが食事をする女性。何のための時間とお金ですか?

 

一度考えてみてください。

 

 

 

ーーー

追記:note出してます。良かったら見て下さい。

のんちゃま® 350人抱いたナンパ師|note
note売り上げ1,700部 + 7万5000閲覧 + 550スキ|ナンパ歴9年|Twitterフォロワー5800人|ナンパ大会【TN1】優勝|主宰サロン450人|数多くの女性をナンパして辿り着いた「口説き」を届けます

 

 

 

 

テクニック
【ナンパで人生を変える】にコミットしたい。シェア頂ければ、管理人本人より応援コメントやRTをさせて頂きます。
Nanpare.com
タイトルとURLをコピーしました