ナンパした女の子のオパーイをモギモギしたり、ぶっかけした話

神様もきっとビックリ。人ってお前みたいに出来てない。

 


あ。そうだ、味噌に遠征しよう

なぜそうおもったかは分からないが。

思い立ったが吉日。早速味噌のクラスタに連絡を取る。

「〇〇日に味噌遠征行くんすけど…」

中年ファイター「その日は東京じゃおらあああ!!!」

るんるん「その日予定あって無理です^^」

(味噌勢は多忙だな…)

 

「〇〇日に一緒に味噌遠征しない?」

kyo「考えとく(いかない)」

shuuusuke「考えとく(いかない)」

NGN勢は滅びろ。爆発しろ。

 

ソロ遠征もワンチャン….とおもった時

るんるん「もぎちゃんと合流したらどうですか?

僕たちの忘れられない夏が、始まった


 

味噌、当日。もぎちゃんは鍛え抜かれた精鋭(ドンさん、黒子さん)にもお声がけをくださっていた。味噌三銃士の登場である。

 

参考までに言うと、僕のオ〇禁は5日目に差し掛かっていた(どうでもいい)

東京からのお土産(新宿カレーあられ)を持って、先ずは駅にてもぎちゃん、ドンさんと合流する。

もぎ「わざわざお土産なんて!ありがとうございます!」

良かった、気に入って頂けたようだ。そして黒子さんの待つ食事処で移動している最中に、事件は起こった。

 

目の前から白石麻衣に結構似てるハイレベが現れる。(結果、今回の遠征で一番の美女)

こ、声をかけたい!しかし合流したばかりの二人に対して失礼過ぎる!

(お、収まれーーーー!!!ダメだ、味噌の2人の方に待っててもらって、一人の女の子に声を掛けるなんて、人間失格だーー!!!)

苦悶の表情を浮かべる僕に対して、二人が優しくささやく。

やっちゃってください^^

申し訳なさに後ろ髪ひかれながらも、5日間の禁欲によって膨れ上がった僕の愚息が「走れ!!!」とさけぶ

「….いきまーーーーす!!!!」

全力で猛ダッシュする。女の子に追いつく。

「お姉さん、帰宅中ですか?」

「え?あ、はい。」

ヤバい、突然の事過ぎて全くストーリーを考えてない。

お姉さん、このカレーあられ見て食べたいなって目しましたよね?

味噌の三人へ買ってきたお土産を差し出す。クソ野郎とは私の事だと思う。

つい30秒前に「美味しそうですね!」と言ってくれたドンさんの顔がよぎる。しかし、僕の愚息は「即れ!!!」と怒鳴っている。ごめんねドンさん♪

まあ、ここで会ったのも何かのご縁、おひとつ差し上げます^^

女の子は爆笑していた。「なぜ東京なのにカレー」と。

そこ?俺のセンス?

2分程度ダベりバンゲ。

もぎさん、ドンさんの元へ戻る。

「バンゲしました!」

「ナイスです!」

なんて良い人達なんだ。(後日シバンしました^^)

 

ようやく、黒子さんの待っている食事処で移動。

色々な話題で盛り上がる。

もぎ「のんちゃまさん白シャツなので、味噌煮込みにしましょう^^」

!?

 

ソロリ、ソロリと味噌煮込みを食べきる。

もぎ「はい、じゃあさっさと食べてナンパしますか^^」

なんてストイックなんだ!?

あわてて飯とビールを胃にぶちこみ、街へ雪崩れ出る。

さあ、ゲームの始まりだ。


 

僕はこんな事を言った

いつも東京では弾丸回収しかしていないので、今日はしっかり楽しくコンビしたいです^^

※ちなみに前回この発言をした長野では、結果完ソロで3即した。全て弾丸。

店を出て、色々なフォーメーションで女の子に話しかける。

ソロ・コンビ・トリオ・フォース…

すると、ドンさんとのコンビで話しかけた2人組が良い感じにオープンする。

・他県からの観光で味噌に来ている
・年齢は20代前半
・見た目は2.0 – 3.5くらい

「オススメのバーに行こう^^」

ドンさんがオススメするバーへ足を運ぶ。想像以上にオシャレなバーに驚く。

「へぇ~オシャレですね♪」

思わず女子のような言葉が零れる。俺から。

30分程度談笑したタイミングで外に出る打診をする。

 

外にで出る

セパ打診をする

断られる

はーーーいっ!

すぐに気持ちを切り替えて、街へ再度挑む。


 

僕はこんな事を言った。

コンビ連れ出しは楽しいですね!

最近は弾丸即しかしてなかったので、こんな女の子と話したのは久々だ。(病気)

すると、目の間に別の女の子2人が現れる

一人のミニスカは結構なスト高の上に、スタイルが最高だ。エロい。

ギャル+金髪+巨乳+超ミニスカ=Heaven

5日の禁欲に耐えた愚息が暴発しそうになる。

適当な理由をつけて連れ出す。

連れ出し先は….

「あの焼き鳥屋なんてどうですか?」

入店。汚い。

隣にHeavenが座る(ドンさんごめんなさい)

正直何をはなしたか覚えてないが、僕の視線はオパイと太ももにくぎ付けになる。

30分程度談笑し、店をでる。

 

セパ打診をする。

断られる。

はーーーーーいっ!

すぐに気持ちを切り替える。

(今まで一滴もお酒を飲んでいないドンさんが奢ってくれた。有難い。)

 


僕はこんな事を言った。

コンビ連れ出しは楽しいですね!

最近は弾丸即しかしてなかったので、こんな女の子と話したのは久々だ。(病気)

すると、目の間に別の女の子2人が現れる

1人はワンピース+巨乳+童顔、一人はほろ酔い子。

 

すかさず二人に話しかける。

ワンピ子「けど、ホロ酔い子は明日予定あるからもう帰るんだよ~」

ドンニキ「俺が車で送るよ(ドヤ」

(カッケー・・・!!!)

 

ドンニキのスマートなセパが通り、僕はワンピ子と居酒屋に。

ワンピ子のセフレの話を30分聞き、お会計。

からの、ノーグダパレ搬送→即!

ちなみに。僕はFinishでのハンド★ジョブが結構好きである。

今回も女の子にハンドジョブを依頼し、快諾してもらった。

しかし、ここで問題発生。5日間熟成された僕の芳醇で濃紺なミルクはかなりの量があり、発射のタミミングで想定の5倍ほどの量のミルクがベッドに飛散。女の子&僕に飛散する、悲惨な事態が発生した。

結果から言うと、かなりの量が女の子の顔と髪に掛かってしまった。僕はこの瞬間、ぶっかけ次郎に昇格したかもしれない。

 

爆笑しながらお互いにミルクを拭き合うという情けない(けど少し興奮する)時間を過ごし、再び街に出る。

 


僕はこんな事を思っていた

コンビ連れ出しは楽しいですね!

 

しかし、結局即った子は路上セパなので厳密にコンビ連れ→即ではない。

コンビ連れ→セパ→即のドラマティックなワン・ナイトをキメたい、、、、

しかし、ドンニキとは連絡が取れない。

 

そんなとき

もぎ「合流しましょう」

 

いよいよ、味噌の最終兵器(アルテマウェポン)と呼ばれたもぎちゃんが、その全貌を明らかにする刻が来た。

 

もぎちゃんと合流する。

しばらくドンキ前で声掛け。しかし、時刻は既に25時。先程よりも女の子のリアクションは悪い。

 

すると。

目の前にギャル子+泥酔子が現れる。

すぐに4人で和み、良い感じに路上セパを図る。

 

しかし、この段階でのセパは失敗。

「カラオケに行こう!」

そう提案する。

 

カラオケに入店する。もぎちゃんが優しく女の子をエスコートする。

 

さあ、どうする!

 

もぎちゃんは泥酔子の隣、僕はギャルの隣に座る。

 

ギャル「ちょっとお手洗い行くね!」

これはいきなりチャンス。「俺も」といって一緒に部屋を出る。

部屋の外で軽くダベりながら、さり気ないセパの打診を差し込む。

ただここで「両方とも彼氏が居て、朝一緒に帰らないといけない」という事実が判明。難易度が高そうだ、、、、

 

しばらくして部屋に戻る。

泥酔子が寝てる()

 

しばらくして、もぎちゃんが部屋を出る。

部屋には泥酔、ギャル、僕の三人に!泥酔は寝てる、チャンスか!

これはちゃんに与えられた試練か、、俺はこのギャルを食えるか、、、!

 

肩に手を回す。腰に手を回す。

キs、、、

「それはダメ!」

 

もぎちゃんが部屋に戻ってくる。申し訳なさで胸がいっぱいになる。

そんな時、ギャルが唐突に言い放つ。

「あ、けど泥酔子のオ〇パイなら揉んで良いよ」

・・・・・?

・・・・・・・・??

・・・・・・・・・・・・・???

 

「はーーーーい!」

 

喜んで揉む。揉む。揉む。

 

もぎちゃんも一緒にモギモギする。

モギモギ。もみもみ。

 

ギャル「あ、私もう一回トイレ!」

 

ギャルが出る。

 

部屋にはモミモミオジサンが二人。

もぎちゃんの横顔を見る。

 

うん、楽しそうだ。

 

もぎちゃんがカラオケでRadwinpsを歌いながら、片手でモギモギを続ける。

 

神様もきっとビックリ

人ってお前みたいに出来ていない

 

確かに、アラサーでモミモミしてる僕たちは今世紀最大の突然変異かもしれない。

 

ギャルが戻ってくる。

ギャル「ごめん別に呼ばれた!やぱ私たち帰るね!泥酔子起きて!お金よろしく、じゃあバイバーイ!

おわり

タイトルとURLをコピーしました