ナンパ小説

ナンパ小説

マッチアモッグ|待ち合わせ中の子に「ごめん待った?」とナンパしたら起きた奇跡

東京、某所ーーー 今日は期間限定で行っているナンパ講習の日。 生徒は、Nankoにも参加頂いているヘルシンキさん。Nanko生に無様な様子は見せられないと、腕が鳴る。 60分の熱い座学が終了し、そのままの流...
ナンパ小説

帝国の逆襲|オフパコを犯したナンパ師を制裁した、暗黒卿の物語

次は 長野ー 長野ー お降りのお客様は.... 電車内に、控えめになるアナウンスの音 その電車の、はるか上空 暗黒卿を乗せたデストロイヤーは、長野の地に降り立った 中...
ナンパ小説

海賊と呼ばれたナンパ師|東京納涼船で「船内セクロス」の夢を、現実にーー

2018年、冬 寒さの厳しい地方都市。 時刻は終電に近い。 人影もまばらだ。 すると、全天候型のアーケード街に二人の男の人影。 「声の掛け方」「連れ出すまでのポイント」といった単語が聞こ...
ナンパ小説

男の戦い|魔境と呼ばれる地でナンパをしたチルドレンの物語

この作品に登場するナンパ師 ・のんちゃま(主人公) ・kyo ・175 ・shuuusuke ・閻魔 ガタンゴトン....ガタンゴトン....... 僕は、電車に揺ら...
ナンパ小説

ナンパした女の子のオパーイをモギモギしたり、ぶっかけした話

神様もきっとビックリ。人ってお前みたいに出来てない。 「あ。そうだ、味噌に遠征しよう」 なぜそうおもったかは分からないが。 思い立ったが吉日。早速味噌のクラスタに連絡を取る。 「〇〇日に味噌遠征行くん...
ナンパ小説

雪辱|この出会いは悲劇なのか、喜劇なのかーー賛否両論ナンパ小説

クリスマス・イブ。恋人たちの日に、なぜ僕はストリートナンパをする事になったのか。この出会いは、悲劇なのか。喜劇なのか。ただ欲望の赴くままに破滅に向かうナンパ師を描く。
ナンパ小説

オフパコという禁忌を犯したナンパ師と、暗黒卿の物語

2016年10月某日 ナンパ師として6年ほど活動したある日。 僕は家のベットで横になりながら、趣味である旅行用のTwitterを見ていたTwitterは趣味に特化できるので面白い。 当時、僕は実名のアカウントと旅行...
ナンパ小説

チェックメイト ー ある日のナンパ師の3600秒|賛否両論ナンパ小説

350人を抱いたナンパ師の日常を、ブログ形式で記載。冷静に、機械的に、女性を口説く。ナンパは正しい行為なのか。それとも、最低な行為なのか。賛否両論の一幕を、ご覧あれ。
ナンパ小説

走れ、エ〇ス|田舎で女の尻を追い、走り続けた「挑戦者たち」の物語

350人切りナンパ師が、静岡遠征をした時に起きたドラマを書きました。攻略の参考にして下さい。
ナンパ小説

ナンパ大会「TN1」優勝者が語る回顧録|あの時、何を想ったのか

戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。 Tactics are the case that everything exercises its power in one point. - ナポレオン・ボナパルト ...
タイトルとURLをコピーしました