ナンパ小説

ナンパ小説

スト値の壁を、乗り越えて|前編:ゴボウ、爆誕

「私、初めてなんです。」 俯き、美しい手先で机の上に置かれたリゾットを取り分けながら、彼女は言う。 「こうやって、ナンパされた男の人に付いてきたの、始めてなんです。」 なるほど。 聞くところに...
ナンパ小説

ロスタイム|ワールドカップでナンパし続けた、グラウンドの外の選手たち

2018年、初夏 サッカー界の天才が一堂に集結し競いあう、ワールドカップ。 地域を超え、国境を越え、皆が熱狂する。魂が揺さぶられる、そんな祭典。 しかし、忘れてはいけない。2018 / 6 /25日、日本 vs セ...
ナンパ小説

北の魔物/一人クラブ|札幌ナンパ遠征で僕が視たモノ

前編|北の魔物 夏から秋に移り変わろうとしている、北の国。 僕は今年10回目となる遠征に赴いていた(多すぎる 札幌では、まだ駆け出しだった頃に1度だけナンパをした。その時はラッキーパンチでかなりのハイレベを即る...
ナンパ小説

チンパンジー討伐大作戦

2019年、夏 北陸の、こののどかな地で ナンパ史に残る、激闘の幕が開けたーーー ナンパ師同士の、本気のつぶし合いが、始まる。 この記事に登場するイカれたナンパ師を紹介するぜ!!! のん...
ナンパ小説

マッチアモッグ|待ち合わせ中の子に「ごめん待った?」とナンパしたら起きた奇跡

東京、某所ーーー 今日は期間限定で行っているナンパ講習の日。 生徒は、Nankoにも参加頂いているヘルシンキさん。Nanko生に無様な様子は見せられないと、腕が鳴る。 60分の熱い座学が終了し、そのままの流...
ナンパ小説

帝国の逆襲|オフパコを犯したナンパ師を制裁した、暗黒卿の物語

次は 長野ー 長野ー お降りのお客様は.... 電車内に、控えめになるアナウンスの音 その電車の、はるか上空 暗黒卿を乗せたデストロイヤーは、長野の地に降り立った 中...
ナンパ小説

海賊と呼ばれたナンパ師|東京納涼船で「船内セクロス」の夢を、現実にーー

2018年、冬 寒さの厳しい地方都市。 時刻は終電に近い。 人影もまばらだ。 すると、全天候型のアーケード街に二人の男の人影。 「声の掛け方」「連れ出すまでのポイント」といった単語が聞こ...
ナンパ小説

男の戦い|魔境と呼ばれる地でナンパをしたチルドレンの物語

この作品に登場するナンパ師 ・のんちゃま(主人公) ・kyo ・175 ・shuuusuke ・閻魔 ガタンゴトン....ガタンゴトン....... 僕は、電車に揺ら...
ナンパ小説

ナンパした女の子のオパーイをモギモギしたり、ぶっかけした話

神様もきっとビックリ。人ってお前みたいに出来てない。 「あ。そうだ、味噌に遠征しよう」 なぜそうおもったかは分からないが。 思い立ったが吉日。早速味噌のクラスタに連絡を取る。 「〇〇日に味噌遠征行くん...
ナンパ小説

雪辱|この出会いは悲劇なのか、喜劇なのかーー賛否両論ナンパ小説

クリスマス・イブ。恋人たちの日に、なぜ僕はストリートナンパをする事になったのか。この出会いは、悲劇なのか。喜劇なのか。ただ欲望の赴くままに破滅に向かうナンパ師を描く。
タイトルとURLをコピーしました