ナンパnoteとナンパブログ|たまには物語も読んで、モチベを上げよう!

最近のナンパ師界隈、面白くなってきましたね。

 

顔出しのナンパ師

自分の声掛けをキャスで配信するナンパ師

月に何即もする底なしの体力を持つナンパ師

他には無いキャラクターを売りにしているナンパ師

また大勢のナンパ師が頂点を競い合う大会といったように、以前のような定型化されたナンパ師よりもかなり「多角化」しています。

 

ナンパ師を見て楽しんでいる、いわゆる読者と呼べる存在からすると、本当に面白事でしょう。ナンパは詰まるところ、1つのエンターテイメントだと思います僕ら業者と呼ばれる、ナンパを軸にマネタイズを狙う存在からすると、「ナンパ ✖ 何か」でどうエンターテイメントが提供出来るかの勝負になっています。

 

では自分はどうかと言うと、僕が好きなのは文章を書く事。事実、書いたブログは毎回かなりのRTやイイネを貰えています(ありがとうございます)。ナンパ師界隈でも高い頻度でブログやnoteを更新しているので、今後も文章を軸に色々と発信するのでご期待下さい。

 

「ナンパ × 文章」でのアウトプットは、大きく分けると2つあります。noteを始めとする「テクニック」と、ブログを始めとする「エンターテイメント」です。同じ「ナンパ × 文章」でも、noteとナンパブログはその存在目的が違います。

 


 

僕の大好きな小説の一節です。

「賢くて偉そうな人に限って、物事を要約したがるんだよ。超能力はこうだ、とか、信じる人はどうだ、とか。例えば映画を見ても、映画のテーマは〇〇である、とか。何でも要約しちゃうんだよ。全てを一緒にして、本質を見抜こうとする。要約して、分類したがる。

 

noteを始めとするノウハウは、自信の経験に基づくナンパを体系化し、誰でも再現可能なノウハウに落とし込みます。まあ、要約ですね。先人達が何年もかけて、苦労して集めたノウハウを使えば結果は出る。ナンパは上達します。

 

しかし、ノウハウではナンパや口説きの「楽しさ」を伝え切る事は出来ません。その点ブログは「喜怒哀楽」を伝える事が出来ますし、「かっこいいナンパ師の後姿」や「バカやって騒ぐ青年達の物語」を発信する事が出来ます。ついついnoteが先行してしまう人は、ノウハウばかりを読むのではなく、たまには色々な方が記載しているナンパブログも読んでみては、いかがでしょうか。

 

「ナンパ ブログ」で検索すると色々と出てきます。また機会があれば、昔僕が参考にしていたブログ記事も庄かいします。(あ、もちろん、このサイトの過去記事を読んで頂いても嬉しいです!)

 

彼らが本気で美女に挑み、勝ち取った最高の瞬間や、敗れ去った悔しさ。ブログにはこういった「感情を揺さぶられるような楽しさ」が溢れています。noteの方が勢いがあるのは事実ですが、たまには箸休めにブログ記事も読んでみましょう。テクニックばかりに終始するのではなく、たまには喜怒哀楽も見てみませんか。

 

最近少しナンパブログが廃れ気味で悲しいので、ぜひ皆様も発信をしてみてください。

以上、老人の戯言でした。

タイトルとURLをコピーしました