スト値上げ | モテる肌になる4つのポイント

 

皆様こんにちは。のんちゃまです。

 

ナンパ師の皆様、日々スト値あげ、取り組んでいますか?

 

自分もスト値上げは非常に苦手でした。

 

というのも、自分は分析やテクニックの向上といった部分で勝負がしたく、外見の向上にはそもそも興味がありませんでした。

 

しかし、ナンパ師の仲間や即れなかった女の子からのありがたい(?)フィードバックから、スト値上げに取り組む必要性をひしひしと感じ、結果いろいろなスト値上げに挑戦する事となりました。

 

スト値上げに本気で取り組んでいる方にとっては既知かもしれないですが、今回は自分が実施したスト値上げの中でも最も効果が出た、肌に関する情報をお届けします。

 

 

なぜ肌なのか

 

スト値上げと言えば、髪形や服装や筋肉、、、等と意識すべき点はたくさんあります。

 

しかし、意外と見落としがちなのが肌です。なぜ肌が大切なのでしょうか。

 

先ず、スト師において大切なのは、実年齢よりも見た目年齢です。

見た目が若ければいつまでもストをする事が出来ます。

そして、見た目年齢が若い人は概して肌がきれいです。

※以下の表が参考になります

 

 

 

特に以下を目指すようにしましょう。

・ツヤ、ハリがある。

・吹き出物や肌荒れが無い。

・焼けすぎない、白過ぎない。

 

 

上記を実現する為にはどのように取り組めば良いか、解説します。

 

 

永久脱毛

 

これは本当に大切です。

特に(自分のように)ヒゲが濃く、夕方には青髭が気になる人にはお勧めです。

 

・ヒゲが薄くなる。

・ヒゲ剃りによる肌ダメージが減り、全体的に肌がきれいになる。

・ナンパ前にヒゲを気にしなくても良い。

 

特に三点目に関して。

自分はヒゲが濃いため、ナンパ前は必ずヒゲを剃っていました。しかしそれだと時間がかかる上、ヒゲを剃っていない状態だとナンパする意欲が上がりません。

 

永久脱毛を開始してからは、仕事・飲み終わりにもフラっとナンパが出来るよになり、より柔軟にナンパ出来るようになりました。

 

注意点として、ヒゲ脱毛はすぐには効果が出ません。この辺りはまた別記事でまとめます。

 

 

水を多くとる

 

ポイントは「水分を多くとる」ではなく、「水をとる」事です。
コーヒーやジュースではなく、ミネラルウォーターの摂取を意識的に行いましょう。
起床時・入浴前後・就寝前・運動時にミネラルウォータを取るようにし、1日合計2Lをめざすようにしましょう。

 

 

サウナに通う習慣をつける

 

サウナは老廃物は排出し、新陳代謝を高める効果がある為、肌のケアに非常に向いています。

 

皮膚腺が活性化し、ニキビに詰まった皮質や毛穴の奥に詰まった汚れ、古い角質が排出されます。最初の汗はベタベタしていますが、不要なものを出し切ると、汗はサラサラしてきます。

 

水をたくさん摂取した後に、高温の乾式サウナで12分程汗を流すことがオススメです。

 

 

コスパの良い化粧品を揃える

 

肌ケア用品は、高いものは非常に高いため、コスパに優れた用品を”揃える”事に意味があります。

化粧水だけでなく、しっかりと顔パックや乳液も使いましょう。

オススメは以下です。

 

化粧水:ハトムギ化粧水 / ナチュリエ

ちゃんと知ってた?「ハトムギ化粧水」の効果・使い方・種類をチェック - モデルプレス
【スキンケア/メイクイット】プチプラスキンケアアイテムとして有名な「ハトムギ化粧水」ですが、実際にどんな効果が期待できるかあなたは知っていますか?意外と知らないハトムギ化粧水の効果や、効果的な使用方法、さらには別ブランドのハトムギ化粧水との違いまでを一気におさらい!

 

顔パック:ルルルンプレシャス RED

ルルルンプレシャス RED - ルルルンプレシャス【公式】
ごわつき肌を浸透*1保湿!毎日エイジングケア*2フェイスマスクのルルルンプレシャス REDは、年齢肌のごわつきに着目!しっとりみずみずしい“やわ肌”へ。

乳液:敏感肌用高保湿タイプ / 無印

乳液・敏感肌用・高保湿タイプ | 無印良品
岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズです。乾燥が特に気になる敏感肌にうるおいをたっぷり与えて保護します。デリケートな肌にもやさしい低刺激性です。・無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起きないわけではありません) ◎ご使用方法 化粧水...

 

 

以上、スト値上げでした。

 

 

 

 

301 Moved Permanently

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました