【実録】ナンパ講習について|長期講習と講師の選び方に関する考察

僕は本業のある人間なので、ナンパ講習を常時行ってはいません。

しかし、自分の教えるスキルの醸成や初心者がつまづくポイントの理解、そして何より本気で変わりたいという想いをもった方のサポートの為に、時間を作って講習をする事がたまにあります。今まで行った事のある講習は以下の2種類です。

 

① 短期講習|年に2,3回、各10人程度。60分の座学

② 長期講習(弟子化)|半年かけて徹底的に育成

 

①に関してはナンパの基本的な理論や考え方を説明します。他に講習されている方もいらっしゃる、要するに普通の講習です。

②は半年程度の期間を掛けて徹底した教育を行います。まだあまりナンパ界隈には普及していないようにも思います。

 

今回の記事では、実体験を通じた講習の考察(特にまだ普及していない長期講習)及び、講習選定のポイントに関して記載します。

 

短期講習に関して

60分程度の講習なので、過度な期待は禁物です。

今まで一度もナンパをしたこと無いという方や、イメージの沸かないという方のとっかかりとしては良いと思いますし、「講習を受けた」という記憶が自信に繋がります。

ポイントは、教わった内容を反芻しながら、自分自身で何度も街に出て試してみる事です。

短期講習関しては、講師側も時間の制約がある中での指導となるので、そこまで講習内容の差は無いと思います。

 

長期講習(弟子化)に関して

すこし長文ですが、ここは実体験も通じて細かく解説します。

「巨大な規制や独占企業に対して戦いを挑むような場面では、通常の熱意ではダメで、人間性と情熱の次元をはるかに高めなくてはならない。

ときに厳しく接することで従業員の内面を変え、自分と同じ次元にまで上がってきてもらいたいという考え方です。思想を注入し続けることで、人は変わります。自発的、自律的に動くようになるのです。」

日本を代表する経営者、稲盛和夫のリーダー論です。これと同じ事が、ナンパにおける弟子の育成にも言えると思います。

 

僕が弟子に徹底して伝えたかったのは「自立」です。ナンパ師として、なんとしても半年という期間で自立させる。弟子が見ているのが僕であってはいけない。僕の存在など忘れ、目の前の女性に対峙するようになってもらう。

良く詐欺師でいるのが「いつまでも搾取したいがために、講師=神だと思わせる為、徹底的に叩いていつまでも月額費を吸い上げる」というタイプ。

ナンパに限らずですが、宗教やネズミ講、ネットビジネスもこの類です。要するに「吸い上げ続ける」を目的とした講習が多いです。別にこの場を借りてこういったビジネスを大破させたい、とか論じるつもりはありません。

 

僕が半年でコミットしたかったのは「ナンパ師としての自立」でした。いつまでを僕を頼ってはいけない。自立させる。

半年後僕が去った後も、ナンパを続けられる力がある。それだけです。(続けるかどうかは本人の意思なので不問です。”続けられる力”を与える事にコミットしたい。)

 

実際の長期講習の内容と結果を振り返ります。以下の2人に対して長期講習を行いました。

①おきんたまでかお:
・度胸がある、肝が据わっている
・声掛けが出来ない(=掛け方が分からない)
・女慣れしていない

 

②Reji:
・見た目刺し出来るレベル
・ある程度女慣れしている
・ソロで声掛けが出来ない

 

二人とも個性的なナンパ師でしたが、共通して言えるのは「ナンパで変わりたい」という想いが本物だという点でした。(今でも思いますが、僕は舎弟に恵まれました。)

 

育成の方針は以下です。

序盤は丁寧に、合流をベースに「どのように声を掛けたか」とか、場合によっては一緒に連れ出しをしたりしました。連れ出した女の子とのトークを録音した音声を渡したり、それに対する考察を長文で送ったりもしました。(深夜まで長文Lineで指導した事もありました。)

 

終盤は徹底して厳しく指導しました。

厳しくといっても、叱責するとか批判するとかではありません。

圧倒的な実力の差を見せつけ、あえて一人にする状況を作りました。弟子の事など気に介さず、全力でナンパをする姿を見せつける。「ここまで多く声を掛けるのか」「この状況であきらめないのかその姿勢を背中で語る事に全てを尽くしました。

 

育成の仕方は十人十色です。

序盤は「なぜ」から丁寧に教える。後半は自分の最高のパフォーマンスを見せ、そこに辿り着くにはどうすれば良いのかを序盤に教えた内容をベースに自問自答してもらう。これが僕の育成の方針でした。

 

結果、半年の期間を経て彼らがどう変わったか。

僕の個人的主観から見ても、彼らは成長しました。実際に結果を数字的に見ても彼らは成長しています。もう僕に構わず、彼らが好きなようにコンビやソロをしている姿を見ていると、それを強く実感します。

 

おきんたまでかおは自発的にソロ遠征に挑む程、肝の据わった行動派に。Rejiはソロでの腕前は完成。最近はコンビや箱でも結果を残しています。

 

「自分と同じ次元まで上がってもらう」そんな控えめな意見では無く、2人には早く僕を超えて貰いたい。おじさん、まだ負けないので。

 

良い講師の選び方

実際僕も多くの指導を重ねました。

その経験を踏まえた上で、どのように師事する相手を選べば良いかを書きたいと思います。特に長期講習を受講する場合は慎重になりましょう。

以下の3つがポイントです。

 

・講習の必要性を考える
・講習の成果イメージは明確か
・講師の実績は十分か

 

講習の必要性を考える

先ず講習を受けるにあたり、一旦深呼吸して「本当に自分が講習を受講すべきなのか」を考えましょう。

今の自分がいて、なりたい理想像がある。その乖離(ギャップ)を埋めるために、戦略的に講習というシステムを利用します。その為にはまず、現状と理想を正確に把握するステップから始めましょう。

ただ、1時間 数千円程度のリスクの少ない講習であれば、このプロセスをすっとばして「変わりたい!」という想いだけで飛びついても問題無いかなとも思います。

 

講習の成果イメージは明確か

人に何かを教える」という技術自体は遥か昔から存在しており、またそれに適したフレームワークや検討の方式があります。(ここを語ると長くなるので、また別の記事で書きます。)

ポイントは、「どのような人に対して」「どのような内容を」「どのくらいの期間(時間)で教え」「最終的にどうさせたいか」の内容に具体性があるかどうかです。特に長期講習を検討している人は、これに加え料金も加味して慎重に選びましょう。

講師の方の多くは、こういった内容を告知のツイートに掲載しているか、または問い合わせれば共有してくれます。それを見た上で、成果イメージが付くかを検討しましょう。

 

講師の実績は十分か

最後に、講師の実績を総合的に見ます。実力はナンパ師としてのプレイヤーの実力と、講師としてのティーチャーとしての実力の2つあります。

 

プレイヤーとしての実績は、合流の実績や、ツイート上の周りの仲間からの反応をベースに判断しましょう。極端にアンチの多い講師や、誰とも合流していない講師は少々怪しいです。

 

講師としての実力は、受講者の声を掲載している方や、〇〇年やってますといった内容から判断できます。

分かりやすいのが無料ブログ等の形に残る発信記録です。そもそもブログを運営しているナンパ師は、その分「発信したい」という想いが強く、他のナンパ師よりも高い視座で活動している場合が多いです。

若干脱線しますが、Twitterが流行る前はこのブログをベースに合流の申請・承諾が行われていました。ナンパ師とブログは結構深い縁があるのです。

 

最後に

昔と違い、今は講習やnoteといった手法を通じてナンパを学習する事が可能です。取り得る選択肢が多い事は喜ばしい事です。僕も時間を作って、夏に講習をしたいと思っています。

 

ただ、人の成長においてもっとも大切なのは本人の意思です。

 

何人もの家庭教師雇ったとしても、嫌々勉強している高校生を東大に入学させる事は出来ません。

「ただ、なんとなく」といった惰性で講習を受けるのではなく、しっかりとその必要性に向き合い、選択肢を検討する。その検討した選択肢の中で講習がベストだと思えば受ければいい。ただそれだけです。

 

ーーーーーーーーー

【300部 / 75スキ突破】徹底的に王道に向き合ったストナンnoteです。良ければ序章だけでも読んでください。

【370部/110スキ突破】王道のストリートナンパ指南書|真の実力を付ける、唯一の道を進もう|のんちゃま® 378人抱いたナンパ師|note
【お知らせ】 ◆ 2019 9月|第九章 悩みにトコトン向き合うQAを大幅加筆しました ー◆ー◇ー◆ー◇ー◆ー◇ー◆ー◇ー◆ー◇ー◆ー 2019年の春に開催されたストリートナンパ頂上決戦TN1へ出場し、優勝致しました。自分のストナンの実力を改めて証明する事が出来ました。 その記念に販売しております。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました