コリドーの窓から|ナンパのこれから、考えませんか

蒸し暑い、夏の日の夜。

ふと思い立って、コリドーのスタバで作業をする。

懐かしい気持ちに浸りながら、窓の外でギラギラと光るネオンを眺める。

 

あれ、コリドーに来てる客層変わった?

 

ふとそんな事を、思う。

 


 

一昔前のコリドーは、暑い中でもスーツとシャツを着こなし、ギラギラとした目で、歩きたばこをしながら女の子を探す男が多かった。

しかし、最近のコリドーは若い韓国系のファッションに身を包んだ、俗に「イケメン」と呼ばれる人も多い。

 

そもそも、コリドーに溢れる人の数も増えたように見える。

 

ナンパは元々、かなりアングラな世界の中で進化してきた。

それがITの発展に伴い、ブログ、Twitterと交流の場も増えた。

また講習やnoteといった学習方法も体系化され、早いスピードで技術を身に着ける事が出来るようになった。

 

ナンパ師が増える

ナンパ師同士でつるむ

ナンパノウハウが体系化される

 

以前よりも格段に、ナンパスキルを伸ばしやすい時代になった。

正確な数は全く分からないが、少なくともコリドーを見る限りだと、ナンパ師の数は1.5倍くらいになったのではないか。

 

今後10年後、20年後、ナンパはどうなっているのだろうか。

このまま指数関数的にナンパをする人口が増え、「今週ゴルフ行こうよ!」ではなく「今週ナンパ行こうよ!」と口にする男性が増える時代になるのか。

 

一昔前に脚光を浴びた「街コン」も、今やその輝きを失っている。

相席居酒屋」はその課金体系に男性側が着いていけず、今や多くの店舗が姿を消している。

マッチアプリ」も、俗にヤリモクと呼ばれる男性が圧倒的な勢いで増え、それに失望した女の子が続々と退会しているように見える。

 

・恋人が欲しい、遊びたい

・しかし。結婚相談所に登録するレベルではない

この2つの想いの間で揺れる中間層は、一体どこに流れるのか。

もしかして、その流れ着いた先がここ、コリドー街なのかもしれない。

 

目の前にナンパに明け暮れる男性や、キラキラした目をした女性が溢れている、そんな中で。

 

ふと目の前を見ると、スーツを着こなしている二人組。

先週も、先月も彼らを見たような気がする。

彼らは平気な顔で歩きたばこをしながら、獲物を探すような獰猛な表情で街を歩く。

その前方から30歳程度の「お姉さん」と呼んだ方が良いかもしれない女性二人組が歩いてくる。

 

サラリーマンが足を止める。

お姉さんに話しかける。

四人はその場で談笑をする。サラリーマンの武骨で大きな声が遠くからも聞こえる。

意気投合した4人は、そのまま東京を象徴するかのような、赤と青のネオンが目立つバーに消えてゆく…

 

今後ナンパという行為がどのように生存するのか、どのように進化するのかは分からない。

ただ、この男女4人は、果たしてこの出会いをキッカケに幸せになる事はあるのだろうか。

眠らないこの街で、僕たちはいつまで、踊り続けるのだろうか。

 

 

note ご指定のページが見つかりません

 

タイトルとURLをコピーしました