札幌ナンパ攻略|声掛けエリアやテクニックを徹底解説

本記事では札幌のナンパ事情を解説します。

 

札幌ナンパ総評

・昼は札幌駅側の地下街、夜はすすきの中心に。

・地下街の人通りが多いエリアは若干周りの目が気になるので、改札前の広場がオススメ

・あまりガンシカはされない。雑な第一声でも、とりあえず聞いてくれる。

・スクリーニングが重要。無理そうな案件は粘らずに放流。

・終電を逃させても女の子が付近に住んでいる可能性が高く、タクシーで帰られる可能性が高い。油断は禁物。ヒヤリングすべき。

 

 

オススメナンパスポット

すすきのドンキ前:★★★★★

・終電前は飲み屋を探している女の子グループ、終電後は仕事上がりのキャバ嬢とどの時間帯も安定して女の子がいる。
・交差点はキャッチのホストが多い為、ドンキ前がオススメ。
・連れ出せる居酒屋は多いが、若干ホテル街から遠いため移動はタクシーでスマートに。

 

狸小路:★★★☆☆

・屋根が付いている商店街。深夜はほとんどの店が閉まっているが、雨・風が凌げる為ここを通過して帰宅する女の子がチラホラみられる。
・夜間は照明がかなり落とされている為、落ち着いて話が出来る。

 

キング・ムー:★★★☆☆

・週末24時以降は2 – 4人の大学生グループで盛り上がる。
・男女比が1:1くらいなので、東京感覚で来ると女の子の多さに感動する。
・社会人はあまりいない。また、1人で来ている女の子も同様に居ない。

 

札幌地下街:★★☆☆☆

・雨・風が凌げる為、極寒の際のストナンはここしか選択肢は無い。
・帰宅途中のホロ酔いの女の子は多いが、通りは明るくあまりナンパに向いていない。
・声掛けをするのであれば、改札前の広いエリア

以上、札幌ナンパまとめでした。

タイトルとURLをコピーしました