ハムが、出るぞ

「ハムが出るぞおおおおーーーー!!!」

この想いは、君に届くのだろうか。

 


この物語に登場する人物

  • のんちゃま(主人公)|ナンパ師
  • おきんたまでかお|のんちゃまの弟子
  • ハム|ハム
  • kyo|ナンパ師。留置場で過ごす事が多い。

個室に入れたら泣くまで詰めろ。

ーーkyo(ナンパ師)

 

ある冬の日。

僕の弟子、おきんたまでかお。当時仙台で働いていた僕は、初心者だった彼を、鬼のスパルタ教育で一人前のナンパ師に育て上げた。自慢の弟子だ。

そして、僕は東京に戻る。彼と離れ離れになる。

 

成長したのだろうか。たまにそんな事を思っていた。

 

そんな彼が、東京に転勤になった。

でかお「師匠。一緒に、ストをしましょう。

 

快諾する。都内、某所。

久々に会ったおきんたまの目は、完全に「膣」を求めて彷徨うゾンビとなっていた。

 

「成長・・・したんだな・・・」思わず涙がこぼれそうになる。

 

おき「さあ、師匠。今日の生オナホールを拾いに行きましょう^^」

の「ああ、行くぜ!」

 

二人で気合を入れる。僕のオナ禁は10日に差し掛かっており、キンタマの中では熟成された精子が今か、今かと出撃の日を待ちわびていた。

 


火の鳥さん、火の鳥さんうるせぇな。お前らがブログ書けよゴキブリ共が。一生末端のゴミのままでいいのか。

ーーkyo(ナンパ師)

 

その日、何人声を掛けたか。そんな事は覚えていない。

貴方は今日何回呼吸をしたか、覚えていますか?僕らにとって、声掛け数はそれと同じ。

 

ふと前を見ると、ハムが歩いていた。

の「あっ、、、あのハムはちょいキツい、、、か、、いや、まあ念のため声を掛けよう。」

おき「頑張ってください^^」

 

声を掛けるか迷ったが、ムラムラしていたので声を掛ける事に。弟子に見守られるままアプローチ。

の「どもっす。帰宅中?」

ハム「うん。飲み会終わりなの。」

結構、酔っぱらっているハムだ。

の「でも、飲み足りないって目をしてるね?笑」

ハム「うーん、というより眠いかも。」

の「じゃあ俺の家で昼寝してから帰ろうか。」

ハム「えっ!笑」

ハム「ええー!今から?」

の「まあまあ^^

ハム「ええーでもなー」

の「まあまあ^^

ハム「お兄さん、慣れてるね!」

の「まあまあ^^

 

全てのグダを「まあまあ^^」で崩す。

達人のストナン奥義其の二十三|まあまあディフェンス

 

ハム「部屋行っても寝るだけで何もしないよ!」

の「まあまあ^^

 


豚を抱け

ーーkyo(ナンパ師)

圧倒的な「心・技・体」を用いて爆速で家イン。

スマホを見ると、おきんたまから「パスはよ^^」と。仕方ないなあ。

 

ハム「部屋きれいだねー!」

まったく、可愛いやつめ。

そのまま腰を抱き寄せ、、、あ、結構ガッシリしてるね。

上着を脱がせ、、、あ、結構太いね。

 

ハム「も~笑 したくなっちゃった笑」

かわいいやつめ。

ハム「はい、早く脱いで!」

の「!? お、おう」

 

ハムに脱がされる。すると、オナ禁で限界に達していた僕のソーセージは、既に戦闘態勢だった。悔しい。

 

ハム「お兄さん元気だね~w」

く、くやしい。

 

ハムが、僕のソーセージを、ゆっくりと口に咥える。

ねっとりと。

唾液がソーセージに絡みつく。

 

の「はt・・・はっ・・はんち・・!!!!」

ハム「もう我慢できなくなっちゃった~~~笑」

そのままハムが騎乗位の姿勢になり・・・

ダメだ!君の体重で僕に乗られたら、、、あ、圧力で、、、!

 

ハム「ふんっ///」

の「ぎゃ!」

ハム「ふんっふんっ///」

の「ぎゃぎゃ!!」

 

ハム「ふんふんふんふん」

の「は・・・はっーー・・・・はーーーーん・・・・ソロ!!!」

 

僕は、そのまま爆速で果ててしまった。悔しさは、無くなっていた。

 


女の価値は、豚も美女も「1ゲット」に収束する。

ーーkyo(ナンパ師)

 

行為を終えて、ハムと談笑をする。すると、僕のスマホに誰かからメッセージが届く。

 

でかお「パスはよ」

欲しがりなんだから・・・・

 

ハム「誰かから連絡?」

の「あ、、、いや、べつに。」

ハム「あ、わたしそろそろ行くよ。」

の「え、泊まってもいいよ。」

ハム「ううん、もう行こうかなと。」

 

何かを察したのだろうか。おりこうさんだ。

 

しかし、これはチャンス。

でかおにメッセージを送る。

「そろそろ帰る。俺のアパートの前に早く来い。」

「今向かってます!あと5分!」

 

・・・・

仕方ない、引き留めよう。

ハムと談笑しながら時間を延ばす。

 

1分、2分、3分、、、

 

ハム「じゃあ、そろそろ帰るね。」

マズい、そろそろハムが、、出てしまう。出るぞ、出るぞ。おきんたまーーーー!!!はよーーー!!!

 

スマホを見る。でかおから「つきました!」の報告。

 

ハム「じゃあね!」

 

でかお、、、いま、、、いまから、、

ハムが、、、、

ハムが、、、、、、、

 

ハムが出るぞーーーーーーー!!!!

 

家の扉が閉まる。静寂。

30秒後、でかおから「この子ですかね?」。その女性は、先ほど僕が送り出したハムだ。

の「それだ」

 

ーー数十分後

 

でかお「連れ込みました」

 

華麗なワン・ツーフィニュッシュで魅せた、師弟が、居た。

 

僕のお歳暮は、弟子に届いた。


ナンパ師は「ゴキブリ」なんだよ。ゴキブリならなにしても許されるだろ?無駄なプライドなんてドブに捨てちまえ。さっさとゴキブリ以下になるんだよ。

ーーkyo(ナンパ師)

 

「女の子をなんだと思っているんだ!?」

そう言われても、何も言い返せない。しかし、実際ハムは楽しんでいた。

でかおの家に一泊もした。僕たちはゴキブリなんだと思う。

 

けど、それはそれで、楽しいよね。

タイトルとURLをコピーしました