オフパコという禁忌を犯したナンパ師と、暗黒卿の物語

2016年10月某日

ナンパ師として6年ほど活動したある日。

僕は家のベットで横になりながら、趣味である旅行用のTwitterを見ていたTwitterは趣味に特化できるので面白い。

 

当時、僕は実名のアカウントと旅行用のアカウントの2つを所持していた。

 

旅行用のアカウントを見ながら、次のたびに思いを馳せる。九州でツーリングをしようか、いや、それともセブにでも行こうか。セブに行った方が女の子とのトークで幅を広げる事が出来るか。うん、次の旅行はセブにしよう。

そう思い、セブ系の画像をTwitterで漁る。時刻は夜の21時を回っていた。そろそろストナンにでも出るか…

 

そんな事を思っていると、一枚の画像が目に入った。

全裸の女性が、自分の手で乳頭をギリギリに隠す。その画像には「今夜、暇してるよ~」の文章が添えられていた。

 

ベットから跳ね上がる。

なんだこれは。

なんなんだ、この界隈は。

そのアカウントのツイートを漁る。

すると、男性のアカウントのRTを見つけた。

血走った目で、陰茎に手を添えながら彼のツイートも漁る。

彼は、毎日毎日、色々な女性と性行為をしている画像を上げていた。女の子からの感想の手紙もある。毎日オフパコ君かよ。

 

嘘だろ…

僕が死ぬ思いで、つま先から血を流しながらストナンをしている横で

この男は、Twitterのみで、狂ったように性行為をしているのか。

この界隈に、早く気が付けて良かった。僕はもう、こんな苦しい想いをしてストナンをする必要は無くなった。ナンパ師の引退か。6年もやったんだ、それも良い。

 

「今夜暇してる」の女子でDMを送ろうとし、手を止める。今の僕のアカウントは旅行用のアカウント。こんなアカウントから送られると、警戒されてしまうかもしれない。

 

よし、オフパコ用のアカウントを作ろう。

急いで捨てメールから、適当にアカウントを作る。

アイコンは拾ったこの画像でいいや

プロフは適当に誰かのパクっておこう

名前は…そうだな、今まで抱いた子の中で一番酷かった、あの子の名前を使おう

急ごしらえで作ったそのアカウントで「今夜暇している」の女子にメッセージを送る。返事を待つ間、彼女の画像を漁る。中々に良い恵体、抱き心地がよさそうだ。

 

しかし、10分待てど返事は無い。

そこで思いつく。ここはリスクヘッジの為、ほかの女子にもメッセージをしよう。

狂った淫獣のように、口から涎を垂れ流しながらパソコンを開く。

血走った目で、片っ端からメッセージを送る。200人程度にメッセージを送り終えたところで、一旦手を止める。

 

ふぅ、、、ここまで送れば、20人からは返事が来るだろう、、、

そんな事を考えながら、冷蔵庫からI.Wハーパーウィスキーを取り出し、ロックで割る。ここは大人の余裕が大切だ。部屋でジャズを流しながら、ソファに腰かけ、優雅に本を読む。今夜の性行為を想像する。

 

1時間が経過し、ワクワクしながらパソコンを開く。

メッセージ0件

おやおや、、、Wifiが壊れているようだ。

しかし「あああ」と入力したGoogleは、正確にトリブルエーの公式サイトを案内してくる。どうやら、壊れていたのは僕の頭のようだ。

 

僕がメッセージを送った女達は「今日はこの人と」と別の男とのやり取りを上げている。

さらに、毎日オフパコ君は新しい動画を上げていた。

ああ、なるほど。

ようやく理解できた。

 

オフパコ界隈なんてものは、存在しなかったのだ。

 

全部&全員捏造。全てのアカウントはどこかのフィリピンの業者が運営しており、またそこに上がっている画像も高度なAIで作られたものだ。

そこにDMしてくる男性を見るのが、彼らの愉しみ。場合によっては、一部の男性にアマゾンギフトでも要求しているのだろう。

失意と同時に、怒りが胸にこみあげる。

僕は、この怒りを鎮める方法を一つしか知らない。ストナンだ。

1ミリのシワも許さないスーツを羽織る。
磨き上げた靴を履く。
香水をくぐる。

ウィスキーを喉に流し込み、外に向かう。

 

その時

 

開かれたパソコンから、急ごしらえしたオフパコ用のアカウントが見えた。

こんなジャンルがあるのであれば、もしかしたらナンパ用のTwitterアカウントも多いのではないか。

今日のストナンが終わったら、少し調べてみよう。

そんな事を思いながら、街に向かう。

 

表示されているオフパコ用に作ったアカウント

 

今まで抱いた子の中で一番酷かった、あの子の名前。

 

ーーそれが、「のんちゃま」誕生の日となった。

 

 

 


 

2019年、某日

僕は新橋の某ネットカフェに居た。店内には煙草と陰気と湿気が入り混じった場末感がある。この底辺感が非常に心地よい。やはり僕の根底に流れているのは「陰湿なキャラ」のようだ。

あれから2年10カ月が経過した。ナンパ専用アカウントとして生まれ変わった「のんちゃま」のフォロワーは8,888人を超えた。

大会にも出場した。サロンやnote、ブログも作った。また、多くの仲間も出来た。遠く離れた信州の地でストナンをしているkyoやshuuususuke、閻魔、イナゴ。彼らはかけがえのない仲間だ。

 

そしてこの漫画喫茶で余暇を使い、ナンパの在り方を示す記事を書いていた。そんな最中、グループラインでkyoが発言をした

いま、東京行きの新幹線乗ってる

なんだと!?いまから?!

え、まじ?東京くんの?

反射的にそう返す。今日はストナン日和になりそうだ。しかし、事前に連絡してくれても良いのに。

何時から何時?

時間を確認する為にLineを送る。

 

とんぼ返りだよ

ん?どういうことだ?

ああ、仕事?

追々ツイートするわ。今言うと面白くない。

何のことだろうか。さては、、、こいつ、ノックでもするのか。さすがと言うべきか。kyoのストナンに対する熱心さには、いつも感心させられる。

手に取った、味の薄いデカビタで喉を潤しながら、僕は作業に戻った。

 


数時間後

そろそろ記事も書けた。これを公開して今日の作業を終えるか。

 

しかし、依然kyoからは何のアップデートも無い。一体何をしているのか。仕事であれば、何時からストナンはできるのであろうか。

そんなの事を考えながら、漫画でも読もうかと席を立つ。

 

「ベルセルク(狂戦士)」という漫画を手に取り、薄いデカビタでコップを満たし、席に戻る。

 

なんとなく、Twitterをチェックする。

 

すると、僕の目に信じられない文字が飛び込んでくる。

 

 

「・・・・え?」

静かにする事が義務付けられているネカフェの個室で、思わず声が漏れてしまう。

オフパコ・・・即?

いやいやwwまさか、ご冗談をww

どうやら作業のし過ぎで、僕は疲れすぎたらしい。

 

一度目を閉じ、深呼吸をする。

デカビタで喉を潤す。

・・・ふう。

笑顔で再度、スマホを開く。

 

 

・・あああああああ↑↑ああああああああ↓↓ぁぁぁああああああ↑↑↑↑

 

突如として自由空間新橋店、個室38番から流れ出る絶叫

周囲のざわつきを感じる。

そんな事はお構いなしに、すぐさまkyoにLineをする。

落ち着け、、、落ち着け、、、、

ゆっくりと深呼吸し、kyoへLineをする。

 

「は?許さんぞ?」

 

状況が理解しきれない。なぜだ、なぜこんな事になった。

頭の中に一瞬、200人にDMを送り誰からも返事の無かった2年前がフラッシュバックする。

悔しさと情けなさと怒りで、頭が沸騰しそうになるのを抑える。

すると、kyoから返事があった。

ゆっくりと、極めて冷静に、落ち着いてその返事に目を通す。

 

「フォロワ8,888人でオフパコ童貞ってマジ?」

 

僕の心は、臨界点を超えた。

「AAAAAAHHHHHH!!!!!!!!OOOOOhhhhhhhh!!!!!!」

狂犬の遠吠えが響き渡る。

ころ〇てやる、、ころ〇てやる、、ころし〇やる、、こ〇してやる、、〇ろしてやる、、

 

 

隣の個室のドアが開けられ、誰かが助けを求めに行く音が聞こえた。

しかし、そんな事はどうだっていい。

臨界点を超えた僕の心は、どのようにして信州勢を滅亡させるかを考えていた。

このクラスタ達を、血祭りにあげてやる

「は・・・あーっははははははははアアアババババババーー!!!!」

乾いた笑いが、陰湿な自由空間にこだまする

パソコンを開き、旅行予約サイトを開く。

「・・・・・・・・これより、刑を執り行う・・・・・・」

 


「個室38番の客がヤバい」

まったく、、、何のことだ。楽だという記載をみてネットカフェのバイトを始めてみたものの、ここに来る客はどれも底辺ばかり。

ハゲ散らかした頭と脂ぎった顔の、でっぷりと太った親父が喫煙室の異変を知らせに来る。

そうですか。そのままお過ごし下さいませこのハゲ」と言うわけにもいかないので、とりあえず喫煙フロアへ階段を上がる。

 

すると

 

僕の耳に、狂った笑い声がとどく。

「アッキャッキャキャッキャキャキャ!!!!」

これは、ただ事ではない。何が起きているのか。

「アヒアヒアッヒー!アヒアヒアッヒーーーー!!!!」

 

震える足で、なんとか38番個室の前に辿り着く。

部屋の中から「邪気」と呼ぶべき陰湿なオーラが溢れ出している。

いけない。このままでは、中にいる人間は正気を保てない。

 

「お客様ーーー!!!!!!」

 

絶叫しながら、ドアを精一杯叩く。

返事は無い。

くそっ・・・・どうすれば・・・・

そんな事を思っていると、隣で様子を見ていたハゲ親父が意を決したように、扉に手を掛ける。

親父!?

やるしか・・・ないだろ!!!

お互いに目を合わせる。

たまにはこんな日も、あっていいだろう。

思いっきり扉を開ける。

煙のような邪気が溢れる。

邪気で中の様子は良く見えない。

そして、徐々にその煙が晴れる。

「こ、、、これは、、、、」

 

「暗黒卿・・・?」

暗黒卿は立ち上がり、なにかを呟きながら、9階の会計フロアに向かって去っていった。

立ち上げっぱなしになってるパソコンのモニタには、ホテルの予約サイトが表示されている。

彼は・・・いまなんといった?

確か・・・・

8月、信州を征服しに赴くと。

→その時の記録はコチラ

 

ーーーー

男は黙ってストナン

【480部/150スキ突破】王道のストリートナンパ指南書|真の実力を付ける、唯一の道を進もう|のんちゃま® 400人抱いたプロナンパ師|note
【お知らせ】 ◆ 2019 9月|第九章「悩みにトコトン向き合うQA」を追記 ◆ 2020 1月|内容を抜本的に修正中。詳細は以下。 追記が完了し次第値段を見直す予定なので、「ストナンで変わりたい」と思っている方はお早めにお手に取って下さい。 ◆ 加筆に対する意義の紹介 ー◆ー◇ー◆ー◇ー◆ー 2...
タイトルとURLをコピーしました